車 コーティング 種類

車のコーティング剤の種類とは?

車のコーティング剤には、ポリマー、ガラス、ワックスと3種類あります。

この車のコーティング剤全種類に共通して言えることは、どれも目的は同じということです。

どういう目的なのかというと、ツヤを出して持続させることと、傷や汚れから塗装面を保護することです。

車のコーティング剤には種類があるとはいえ、目的はみんな同じですが、効果や値段、使いやすさなどに違いがあります。

特徴や効果について

車のコーティング剤にはポリマー、ガラス、ワックスと3種類ありますが、これら車のコーティング剤の種類のそれぞれの特徴や効果について解説します。

まずポリマーのコーティング剤は、撥水や発油効果があり、効果は半年から1年程度持続するようです。

ガラスのコーティング剤は、ガラス繊維系とシリカ系があり、ガラス繊維系の方はツヤがよく出て効果は1年ほど、シリカ系の方は傷がつきにくく、紫外線や油脂に強いという特徴があり、効果は3~5年持続します。

ワックスは、油性の汚れを取り込みやすい特徴があるので、マメに塗ってあげる必要があります。

このように種類によって特徴や効果なども違ってくるので、コーティング剤を選ぶ時にはよく考えて最適なものを選びましょう。

扱いやすいコーティング剤はどれ?

車のコーティング剤には、ポリマー、ガラス、ワックスと3種類あり、それぞれ効果や特徴に違いがありますが、では実際に使ってみて扱いやすい車のコーティング剤の種類ってどれなんでしょう?

使ってみて扱いやすい車のコーティング剤の種類は、ガラスコーティングのようです。

ガラスコーティングは施行が簡単で、撥水効果や光沢効果もバツグンな上に、効果も長持ちするので評判がいいんだとか。

1度のケアで、ポリマーやワックスより長持ちするガラスコーティングなら、何度もケアする必要がないというのもメリットです。